• 民法改正~「預貯金の仮払い制度」金融機関ごとの払戻し上限額は150万円に

    2018年7月6日、相続に関する民法等の規定を改正する法律が成立しました。相続に関する分野については、およそ40年ぶりとなる大きな見直しになります。 主な改正内容としては、前回のコラムで掲載した「法…

    相続手続き

  • 生前贈与の活用~贈与税の配偶者控除の特例の注意点

    相続税には、残された配偶者のその後の生活などを考慮して、大きな税額軽減が設けられています。それが配偶者の税額軽減です。 配偶者が相続した財産が1億6,000万円または法定相続分のいずれか高いほうの金…

    相続対策

  • 民法改正~「自筆証書遺言の方式緩和」

    2018年7月6日、相続に関する民法等の規定を改正する法律が成立しました(同月13日公布)。 今回の改正は、1980年に配偶者の法定相続分を3分の1から2分の1に引き上げた改正以来、約40年ぶりとな…

    相続対策

  • 相続資格が重複した場合、相続分はどうなるの?

    相続分は相続資格によってその割合が法律で定められています。 例えば、相続人が配偶者と子1人である場合、相続分は各2分の1ずつです。 しかし、相続人の1人が複数の相続資格を有することもあり、このよう…

    相続対策

  • 公正証書遺言以外の遺言は検認をしましょう

    被相続人が亡くなった後に「遺言書」を発見した場合、どうすればよいのでしょうか。 遺言にはいくつかの形式と種類がありますが、公正証書遺言以外の形式で遺言が残されていた場合、その遺言を保管していた人や発…

    相続手続き

  • 遺言書の探し方

    亡くなられた方が遺言を残していた場合には、原則として遺言の内容に従って相続手続きを行うことになるため、遺言の有無により相続の手続きは大きく変わります。 相続人が遺言の存在を知らされていない場合でも、…

    相続手続き

  • 遺言書の基本

    亡くなられた方が遺言を残していた場合は、原則として遺言の内容に従って相続手続きなどを行うことになります。 したがって、遺言は相続に大きな影響を与えます。 今回のコラムでは、遺言書の基本を確認してい…

    相続対策

  • 一次相続・二次相続の財産の流れ

    ご夫婦の相続のうち、最初の相続を「一次相続」、その後の配偶者の相続を「二次相続」といいます。 夫婦のどちらが先に亡くなるかによって、相続人の範囲と法定相続分が変わるため、通常の相続の場合と財産の流れ…

    相続対策

  • 【基本】相続人は誰?どのくらい相続できるの?

    相続といえば「誰がいくら相続するのか」が気になるところではないでしょうか。 「相続人の範囲(誰が相続するのか)」と「法定相続分(いくら相続するのか)」については、民法で定められています。 今回のコ…

    相続税

  • 相続税の申告が必要な人は?

    これまでは、「相続税は一部のお金持ちを対象にしたものだから、私には関係ない」と思っていた方が多いかと思います。 しかし、2015年度の税制改正により、相続税の基礎控除が縮小され、相続税の対象となる方…

    相続税