相続手続きカテゴリーのコラム

  • 遺産分割協議を行う前に知っておくべき留意点

    相続が発生し、被相続人が遺言書を作成していない場合、相続人全員の協議により遺産をどのように分けるかを決めることになります。 これを遺産分割協議と言います。 相続人全員の合意があれば、必ずしも法…

    相続対策

  • 準確定申告~故人の所得税の申告手続きについて

    所得税は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得を計算し、その所得金額に対する税額を算出して、翌年の2月16日から3月15日までの間に申告と納税をしなければなりません。 では、確定申告…

    確定申告

  • 相続放棄~借金を相続したくないとき

    人が亡くなると、その人が生前に持っていた全ての財産は、相続人が受け継ぐことになります。 その受け継ぐ財産には、不動産、現金、預貯金、株式などのプラスの財産だけではなく、借金などのマイナスの財産も含ま…

    相続手続き

  • 相続財産の調査方法を確認しましょう

    相続手続きを行うにあたり、被相続人にどのような相続財産があるのかを調査することはとても重要です。 相続する財産がどれくらいあるかによって、その後の遺産分割協議の内容や手続きの方針は大きく変わります。…

    相続手続き

  • 相続人を特定するにはどうするの?~遺産分割

    遺産分割協議を行うにあたって、相続人を特定しておくことは大前提となります。 相続人の特定作業を行っておらず、「自分たちの他に相続人はいないだろう」という思い込みで遺産分割協議を始めてしまうと、万が一…

    相続手続き

  • 民法改正~「預貯金の仮払い制度」金融機関ごとの払戻し上限額は150万円に

    2018年7月6日、相続に関する民法等の規定を改正する法律が成立しました。相続に関する分野については、およそ40年ぶりとなる大きな見直しになります。 主な改正内容としては、前回のコラムで掲載した「法…

    相続手続き

  • 民法改正~「自筆証書遺言の方式緩和」

    2018年7月6日、相続に関する民法等の規定を改正する法律が成立しました(同月13日公布)。 今回の改正は、1980年に配偶者の法定相続分を3分の1から2分の1に引き上げた改正以来、約40年ぶりとな…

    相続対策

  • 公正証書遺言以外の遺言は検認をしましょう

    被相続人が亡くなった後に「遺言書」を発見した場合、どうすればよいのでしょうか。 遺言にはいくつかの形式と種類がありますが、公正証書遺言以外の形式で遺言が残されていた場合、その遺言を保管していた人や発…

    相続手続き

  • 遺言書の探し方

    亡くなられた方が遺言を残していた場合には、原則として遺言の内容に従って相続手続きを行うことになるため、遺言の有無により相続の手続きは大きく変わります。 相続人が遺言の存在を知らされていない場合でも、…

    相続手続き

  • 遺言書の基本

    亡くなられた方が遺言を残していた場合は、原則として遺言の内容に従って相続手続きなどを行うことになります。 したがって、遺言は相続に大きな影響を与えます。 今回のコラムでは、遺言書の基本を確認してい…

    相続対策