相続対策カテゴリーのコラム

  • 死亡保険金に係る税金の取扱いと活用方法

    死亡保険金には必ず相続税がかかるとは限りません。 例えば、父が死亡し長女が保険金を受け取る場合、受取人である長女から見て、保険料を負担した「契約者」が誰なのかによりかかる税金が変わることとなります。…

    相続対策

  • 遺産分割協議を行う前に知っておくべき留意点

    相続が発生し、被相続人が遺言書を作成していない場合、相続人全員の協議により遺産をどのように分けるかを決めることになります。 これを遺産分割協議と言います。 相続人全員の合意があれば、必ずしも法…

    相続対策

  • 相続時精算課税制度のメリットとデメリット

    相続時精算課税制度は、親から子世代への贈与をスムーズにすすめることを目的につくられたといわれています。 相続時精算課税制度を利用して生前贈与を行った場合には、2,500万円までは贈与税がかからず、そ…

    相続対策

  • 相続税対策における生命保険の活用

    円滑な遺産分割や相続税の軽減対策に、生命保険の活用は欠かせません。 生命保険は健康であれば加入できるため、生命保険を使った節税対策は比較的簡単に始めることができます。 また、保険金は原則として相続…

    相続対策

  • 相続人に未成年者・認知症の方・行方不明者がいる場合の遺産分割

    遺産分割協議は、相続人全員によって行わなければなりません。 未成年者や認知症の方、行方不明者も、当然相続人としての権利を有します。 したがって、相続人に未成年者や認知症の方、行方不明者がいた場合に…

    相続対策

  • 遺産分割の方法~相続財産の分け方にはどのようなものがあるの?

    遺言がある場合、原則として、その遺言の内容どおりに遺産を相続します。 しかし、遺言がない場合には、原則として相続人全員で遺産の分け方を決めることになります。 これを一般に遺産分割協議といいます。 …

    相続対策

  • 生前贈与の活用~贈与税の配偶者控除の特例の注意点

    相続税には、残された配偶者のその後の生活などを考慮して、大きな税額軽減が設けられています。それが配偶者の税額軽減です。 配偶者が相続した財産が1億6,000万円または法定相続分のいずれか高いほうの金…

    相続対策

  • 民法改正~「自筆証書遺言の方式緩和」

    2018年7月6日、相続に関する民法等の規定を改正する法律が成立しました(同月13日公布)。 今回の改正は、1980年に配偶者の法定相続分を3分の1から2分の1に引き上げた改正以来、約40年ぶりとな…

    相続対策

  • 相続資格が重複した場合、相続分はどうなるの?

    相続分は相続資格によってその割合が法律で定められています。 例えば、相続人が配偶者と子1人である場合、相続分は各2分の1ずつです。 しかし、相続人の1人が複数の相続資格を有することもあり、このよう…

    相続対策

  • 遺言書の基本

    亡くなられた方が遺言を残していた場合は、原則として遺言の内容に従って相続手続きなどを行うことになります。 したがって、遺言は相続に大きな影響を与えます。 今回のコラムでは、遺言書の基本を確認してい…

    相続対策